茶道具は栄光の架け橋になるか 色の帯

茶道具コレクションは種類の多さが魅力の一つ

茶道具集めを趣味にしている人が日本にはたくさんいますが、その魅力は何なのかと問われる方も多いです。歴史的な背景が感じられる品物に触れると、心が豊かになるということもありますが、単純に種類が多いですからコレクションのしがいがあるという点も見逃せません。探せば自分の好みのジャンルが必ずみつかりますし、その中でお気に入りの品物もきっと見つかります。

ですから、茶道具厚めの世界は、少し歴史に詳しい人なら誰もがハマる可能性のある場所なのです。いろんな種類のものをたくさん集めて部屋に飾ると、インテリアとして使うことも可能です。茶道具をインテリアにできるのはごく一部の方だけですから、満足感を得ることができます。種類を一つにしぼって、たとえば絵画なら絵画だけをコレクションしていくというのもひとつの方法です。この方法なら、知識がより深くなっていくので、そのジャンルのトップにどんどん近づいていくことができます。