茶道具は栄光の架け橋になるか 色の帯

アンティーク茶道具

茶道具は昔からある茶道具店に持ち込み、鑑定してもらうのがおすすめです。同一都道府県内であれば出張鑑定してくれるところもありますし、その場で現金買取をしてくれる店舗もあります。

茶道具の鑑定人は数が限定されており、知識や経験を身につけるのに数十年かかりますので昔から地元で経営しているところに頼むのがいちばん信頼できます。全国をターゲットにしている茶道具店舗もありますが、宅配で茶道具を配送するのはやはり心配ですし、顔の見えない取引は将来的にあれでよかったのだろうかという気分が残ってしまうものだからです。

アンティークも同様で鑑定人の養成が難しい部門ですが、家具や絵画についてはブランド品であるかどうかが比較的明確なこともあり、宅配を利用したり出張買取をしてくれるなどサービスが多いほうが楽に取引できます。アンティークについては探している人のことを考慮しても、アンティーク専門店に依頼したほうが引き取り手を探すのが便利ですし、長く愛用してくれる人に譲渡できることになります。